スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レミケード再開

8月より東邦大学佐倉医療センターの鈴木康夫先生のところで診てもらうようになりました。

ここで初めて小腸造影検査を行いました。今まで大腸内視鏡しかしたことがなかったのですが、小腸まで検査しないとクローン病の全容がわからず、治療方針も小腸の状態によって変わってくるので東邦佐倉では必須とのことでした。

最初に診断された病院やその後レミケード治療をしていた病院では大腸内視鏡しか検査しなかったので、今までの病院に不信感をもってしまいました。2つ目の病院なんて大腸肛門病を専門に扱う病院でクローン病で通われている人が100人ほどいて20人ほどがレミケードしていると言っていたのに。やはりクローン病専門の先生に診てもらうようにして良かったと思います。

小腸検査の結果、小腸の状態がかなり悪く、これ以上悪くならないために結局レミケードをすることになってしまいました。また一からということで、1回目から2週おいて2回目、4週おいて3回目、以降8週おきにレミケードをしていくことになりました。ちなみに前の病院では最初から8週おきでした。

8/3(木)に久しぶりのレミケードをしました。前日の晩から39度の発熱が出てしまい、当日も38.4度あったのですが、インフルエンザではなく、クローン病による発熱の可能性が高かったので、そのままレミケードを決行することになりました。クローン病が原因ならレミケードをしたほうがよいとのことでしたので。

熱は翌日に36度前半まで下がりました。いつも2日ほど発熱があってあとはすっかり良くなるといったパターンで、今回も同様にすっかり熱は下がりました。

レミケード後の便の状態ですが、今のところレミケード前と変わらず、泥状出血あり(トイレが真っ赤になるほど)といった状態です。

今朝の便からそろそろ良くなってくるかなと思っていたのですが、出血は相変わらずありました。昨日夜にスナック菓子半袋とレモンの氷アイスを食べたのが良くなかったのかもしれませんが。

せっかくレミケードしたので状態が良くなってきてもらいたいですね。
あと合わせてクローン病を治すことができるという整体にも行こうと思っています。
実際レミケードと並行しながらで状態が良くなっている人がいるので、松本医院のときのようにダメ元でいってみようと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dubrounico

Author:dubrounico
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。