スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初電話

1週間分の薬しか処方されていなかったので、郵送で送ってもらうために松本医院に電話しました。

12時ごろに電話したのですが、通話中でなかなか繋がらず、13時半過ぎに電話するとようやくつながりました。受付の人に名前と生年月日を伝えたあと、松本先生に繋いでいただきました。

血液検査の結果が出ていたので、その数値を見ながら説明してくれていたのですが、いろいろな項目をざっと説明されたため、理解できたのはリンパ球が少ない、アルブミンが低いということぐらいです。まあ、血液検査の結果も送ってもらえるので、届いてからじっくり見たいと思います。

ちなみにリンパ球が少ないのは、レミケードで抑えていたからだそうです。

今後の治療ですが、前回鼻炎の治療のために葛根湯加川きゅう辛夷を処方されていたのですが、
鼻詰まりはかなり解消(両方の鼻が通っているというのは過去あまりなかったかも)されており、クローン病の治療に専念することになりました。

断痢湯、アミノ酸(これはアルブミンが低いため)に加え、もうひとつ漢方を処方されるみたいです。
(具体的にどういうものか届いてみないとわかりません)

あと、ストレスをかけると免疫が下がるから、ストレスをかけないように、時には諦めることも重要やとおっしゃっていました。これはたしかに重要なことだと思います。責任感が強ければ強いほど、プレッシャーを感じ、自分に負担をかけることになってしまいます。自分で言うのも何ですが、クローン病の人は真面目でやさしい人が多いと聞いたことがあります。なかなか諦めが重要といわれてもそう簡単に性格は変わるものではないので、これが一番難しい課題ですね。

それにしても相変わらず、医者や製薬会社への批判が繰り返されていました。医者が病気を作り出し、金儲けをしとるんやと。そして最後には、ここで言うてもしゃーないけど。と終わります。

けどいつも最後に、何かわからんことがあったら電話してきてや、休みの日は家に電話してきてもらってもええから。とやさしい声をかけてくれます。松本先生の評判は様々ですが、私は純粋に患者のことを想い、日々治療に取り組まれているんだなと感じています。








スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dubrounico

Author:dubrounico
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。