スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の体調

1/30
朝1回。泥状。出血はほどんどなし。

1/31
朝1回。バナナ状。出血は拭いたときほんのわずか。
昼1回。バナナ状。出血は拭いたときほんのわずか。
夜1回。泥状から最後はかなりの出血。中の方から出血している感じ。

朝昼は非常に良い便だったのですが、夜は残念ながらかなりの出血をしてしまいました。
考えられるのは、最近kenjiさんに教えていただいためかぶの味噌汁を食べるようしたのですが、今日はパックのではなく、生めかぶで味噌汁を作ったことと、身は食べないと言われているにも関わらず、かなりの量を食べてしまったことでしょうか。めかぶ以外は昨日や朝のごはんと変わらないのでそれくらいしかないと思うんです。

明日からはいよいよkenjiさんご紹介の粗食を始めようと思っています。昨日ミルキークイーン?という品種の玄米を買ってきて、炊いてみたのですが、これがビックリ。ふっくらしてみずみずしくてうまかったです。炊く前に籾が付いている米をあまり分別していなかったので、食べるとき触感が悪かったのですが、次からは面倒ですがきちんと取るようにしました。玄米ってどうなのかなと思っていたのですが、これなら全く問題なく食べられますね。

今後はこんな感じの食事でやっていこうと思います。
(平日)
朝食:ハチミツしょうが湯。玄米、メカブの味噌汁(メカブは食べない)、豆腐、ほうれん草のお浸し
昼食:我慢できなければ、そば。
夕食:我慢できなければ、そば。
帰宅後、人参りんごジュース

休日は3食普通に食べる。

これを次回の診察(2/27)まで続けてみようと思います。






スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

長くてすみません

うーん・・・
苦しんでいるんですね・・・
四股でかなり変わるかと思ったんですが・・・

私の場合ある薬の副作用でクローン病になってしまいました。
発病後、下血してるのに医者に『気のせいだよ』
と言われたことがあります。
あまりにもバカな発言すぎて頭の中が
真っ白になり目の前のバカ医者を殴ってしまうところでした。
そんなこんなで医者が大嫌いです。

下血は2年で止まりましたが、その後3年間
内臓が異様に熱を持ち内臓全体が焼ける感じや
ケーキ、チョコ、唐揚げなどを食べると翌日とてつもない下痢&
発熱をしたりひどい時は吐きだして止まらなくなり
水を飲みながらトイレで吐き続ける
なんてことを繰り返していました。

特に夏は内臓全部が発熱している様な感じで、
本当に苦しい5年間でした。
というか 地獄 でした・・・もちろん 死 を覚悟していました。
こんなにツライならいつでも迎えに来てくれ!って思ってました。
悔しくて泣きさけんだ日もたくさんありました。
寝ている時悪夢もたくさん見ました・・・

粗食で小食であれば下痢はするけど、とりあえず生活は
できるので続けていました。
というかいろいろ試してそれが最良でした。

絶対にあきらめちゃいけないと思い
なんとか腸を鍛える方法はないかと、
歩きまくったり(一日10kmとか)、走ったり
プールで泳ぎまくったり、腹筋の角度をいろいろ変えたり
ロデオに乗って腸を刺激するなどのいろいろな方法を
試しましたがどれも効果薄でした。

そんなある時TVで貴乃花親方が
『四股を踏むのは女性にこそおススメです』
と話されているのを聞いた時・・・

  あっ!もしかして!?

・腸は免疫の要
・免疫病は女性に多い
・クローン病も免疫病の一種
・大腿部には重要で太い血管がたくさんある
・腹筋より大腿部まわりの筋肉の方が腸に近いかも
 ・・・などいろいろなコトが自分の中で繋がった気がしました!

翌日、何十回も四股を踏んだり、大股で歩いたり、股割りしたり、
もも上げしたり・・・とにかくいろんなことを試しました。

  そしてゆっくり入浴・・・

足の指先までドクドク脈打つ感覚!
風呂の水面が自分の脈で波打つ感覚!
気持良すぎて風呂から出れない感覚!
などがありました!!(^-^

1日目、2日目、3日目、4日目と経っていき
毎晩、風呂あがりに血管の浮き出た自分の下腹をみて
『これなら治る!!』と日々 確信 を深めていきました。
そして日々体調が良くなっていくのも実感しました♪

四股を始めて4日目がクリスマスイブでした。
どうなるか分からないけど試してみようと思い
唐揚げ弁当大盛り&ケーキを6個を食べてみました。
翌朝調子が悪いどころか普段食べない高カロリーな物を
たくさん食べたので、絶好調で元気良すぎて
早く目覚めすぎました!
また指先に力強い自分の脈を感じ嬉しかったのを覚えています♪

もちろん今もほぼ毎日四股は鍛えています。
益々絶好調になっていきます(^-^


もっとも影響を受けた本
 『断食療法』 
    by甲田光男
 P122が最善の食事だと思います。
 (私は炎症が強くて俗に言う腹減り病になって
  しまっていたのでP122の食事内容が出来なくて
  自分でアレンジしちゃいました。エビオスも薬
  だと思うので個人的には飲まない方が良いと思います)

確認として参考にした本
『大腸がん・潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群』
  by 社会保険中央病院大腸病センター長
     佐原力三郎 
  その中で一番納得した一節
  『腸管に何も入れないことが一番良いことです』


食事は以下を繰り返していました。
 少なくても水を一日2L以上飲む
 朝 食べない
 昼 食べない
 夜 眠れないから食べるという感覚
    玄米、めかぶ味噌汁(実は食べない)、葉の漬物、
    豆腐、納豆
    どうにも我慢できなきゃリンゴ
    それでも我慢できなきゃ上記食事をもう一回食べる    

今も週末以外はこんなもんです。
週末でさえ、気持いいので人に会う時以外は朝・昼は食べません。    
でも食べたい物は食べちゃいますよ^^♪
ハンバーグ、焼肉、ケーキ、メロンパン5個食べても
今はなんともありません(^-^

必ず道は開けるハズです!
応援してます!!
またお邪魔させていただきます(^-^

Re: 長くてすみません

Kenjiさん

再度の書き込みありがとうございます。

大変な五年間を過ごされたのですね。
Kenjiさんに比べれば、私の症状なんかは全然たいしたことないと思います。
それでも四股&粗食で現在絶好調とのことで、本当に良かったですね。

> もっとも影響を受けた本
>  『断食療法』 
>     by甲田光男

やはり甲田先生の本を読まれていたのですね。
実際この断食療法で潰瘍性大腸炎やクローン病が良くなった(治った)という記事をいくつか見つけました。

食事は夜に1回だったのですね。勝手に朝1回と勘違いしていました。
甲田先生も、石原 結實先生も朝抜くほうがよいと提言されているので、ちょっと違うなと思っていました。ただ、現状の私の生活では夜は帰ってくる時間が遅いため、朝にしかゆっくり食べられないので、食事は朝のみにしようと思います。(ほんとは夜のほうがいいと思いますが)

あとやはり心配なのが、体重の減り具合です。
今まで61kg~63kgの間ぐらいだったのが、本日計ると59.5kgとおそらく初めて60kgを割ってしまいました。体重に関してはあまり気にしないほうがよいのでしょうか。痩せていたのがさらに痩せてきてしまっているのが少し怖いところです。

ただ、便に関してはこの生活を始めてからは絶好調で、出血もほとんどなく、かなりきれいなバナナ便が出るようになりました。なのでこのまま続けていこうと思います。

本当に良い情報をいただきありがとうございました。

プロフィール

dubrounico

Author:dubrounico
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。